人智を超えたダイナミックな調整を実現し、あるべき姿への復調を目指すトップレディ・ジャパン

menu

人智を超えたダイナミックな調整を実現し、あるべき姿への復調を目指すトップレディ・ジャパン

医学博士 二村芳弘氏による 検証

 

8ohdgの臨床試験
銀座エステトップレディ-酸化減少の臨床機関テスト
ジェムエッセンスと細胞の反応試験
vBE_hY4TT2YWLkj1531833113_1531833348(1)
へそエステの検証

自律神経を整え
アンチエイジングを
遺伝子レベルで実現!!

heso
へそは、もともと胎児のころに母体と胎盤を介してつながっており、栄養素と毒素の排泄を担う血管・神経が豊富な部位です。生まれた後はその役割を終えているように思われますが、血管や自律神経が集中する大切な部位なのです。

さ て、全身の60兆個の細胞は遺伝子によりその再生や働きが制御されています。一方、全身の働きは臓器という形で機能と働きが分かれ、その働きはホルモンと自律神経によって調整されています。特に自律神経は神経伝達物質を介して臓器の機能を調整しており、臓器の中にも自律神経が行き届き、 細胞も自律神経の調整を受けているのです。

ですから、自律神経を整えることは細胞ひとつひとつの働きを正しく調整することになります。す。遺伝子のエイジング(老化)は遺伝子の酸化と関係が深く、遺伝子の酸化により遺伝子の切断、交換が起き、遺伝子変異につながり、結局は細胞の老化を引き起こします。細胞の遺伝子も自律神経により支配されているということになります。

しかし残念ながら、自律神経は運動神経とは異なり、意思や意識により動かすことはできません。そこで、へそエステが開発されました。このへそエステによりへそを中心とした自律神経の刺激により全身の細胞と遺伝子レベルでのアンチエイジングが体感できます。それは、遺伝子の酸化物質である 8OHdG(8ヒドロキシデオキシグアニン)の量により検証されています。へそエステを行うことによりこの8OHdGが減少し、遺伝子レベルで酸化が防止されています。

heso_work

なぜ、へそエステで自律神経を介したアンチエイジングが実現できたのでしょうか。その手法とともに見てゆきますと まず、へそをオイルで温める施術、特に、バラを添加し、へそにオイルを浸透することにより、自律神経のうち、副交感神経が活発になると考えています。

次 に、へそに煙を与えることにより、一時的にガスが充満し、自律神経が抑えられますが、この抑制に抵抗して身体は血流を増加させて酸素を取り込みま す。 これは炭酸パックにより還元状態をつくりだす方法と同一であり、酸化を防ぎながら、酸素を取り入れるという画期的な手法です。 この酸素の取り込み には、交感神経が関与しています。

最後に、加熱しながらオイルマッサージをすることにより、副交感神経と自律神経のバランスが整えられ ます。自律神経を副交感神経の方向に移動させ、さらに、交感神経に移動し、最後に両者のバランスをとることにより、自律神経のオンオフが明瞭となり、血流とリンパの流れが活性化されるのです。

同時に細胞レベルでも遺伝子の活性化と調整が起こり、酸化された遺伝子がデトックスされ遺伝子の再生が促されることにより、脂肪の分解と肌のターンオーバーが生き返ると考えられます。このように役割を失った「へそ」の自律神経を再度、活性化し、遺伝子レベルのエイジングレスを実施できる特許へそエステ®はアンチエイジングの切り札といえるでしょう。
【医学博士 トキシコロジスト 二村芳弘氏による、特許へそエステ®の検証】

banner_Patent01※へそエステ®は日本で初めてトップレディジャパンが顧問医学博士と共に研究開発した信頼と安心の結果が出る特許技術です。無認定店、類似ケアにご注意ください。

 

%e3%83%ad%e3%82%b42有資格の女性担当者が丁寧にご対応します。

内臓チェンジ!!取材多数!
実績と信頼の
トップレディ・ジャパン

 

Copyright (c) topladyjapan inc All rights reserved
写真・文章は弊社に帰属しています。無断転載は禁止です。